Skip to content

カテゴリー: 未分類

フコイダンの分子

フコイダンフコイダンは海藻が自分の身を守るためにそのヌルヌル成分が非常に大事と言われています。そして更にモズクの場合では海の浅いところに生息していることによって尚更太陽の光を浴びやすいゆえ、乾燥や潮の流れから身を守らなければならないためよけいヌルヌル成分を保有しているということです。

特にモズクに注目していただければ、めかぶやわかめなどほかの海藻と比較してもヌルヌル成分は5倍ほど多く期待することが出来ます。更にフコイダンの商品をいろいろチェックすれば、「高分子」「低分子」「両分子」という言葉を頻繁に見かけることになります。フコイダンはもともと分子サイズは高分子です。ただし100,000~200,000ほどの高分子では、なかなか身体には吸収しにくいとも言われています。 高分子が一見いいと考えてしまいがちですが、人間が吸収できるサイズは3,000~4,000あたりと言われていますので、このあたりもフコイダンサプリメントの選択のポイントにはなりそうですね。

低分子フコイダンがいいということになるものの、そちらにも小さい分子によってフコイダンの成分を壊してしまっているかもという配慮も必要なのです。両分子フコイダンというものは、両方のメリットを持っているものですが、同時に両方のデメリットもあり、つまりそれぞれに対してメリット・デメリットは存在しているようです。現在そのデメリットを補うために登場したのがナノ技術のフコイダンとも言われています。

モズクなど海藻成分

モズクお酒が好きな人の中にはまずは最初にモズクを食べなければはじまらないという人たちもいます。別に大した習慣ではないのかもしれませんが、健康という視点に立てばモズクを食べることに大きな効果が期待出来ると言われています。今巷ではフコイダンというサプリメントがとても話題になっているようですが、なかなかまだそのようなサプリメントもすんなり受け入れることが出来ない人たちも多くいるのかもしれません。

様々なフコイダンのサプリメント・商品が販売されていたりすれば尚更何を選択していいか判らない悩みを持つでしょう。 まずフコイダンの原材料は、めかぶ、もずく、こんぶ、わかめなどの海藻です。

フコイダンはつまり、海藻のヌルヌル成分ということになります。めかぶ、もずく、こんぶ、わかめなどにはあまり注目していなかったのに、フコイダンという名前に敢えて惹かれている人たちもいるのかもしれませんが、つまりフコイダンイコールめかぶ・もずく・こんぶ・わかめと考えて良いでしょう。しかしとても健康に効果的と言われているものの、フコイダンのサプリメントほどの量をなかなかめかぶ、もずく、こんぶ、わかめなどから摂取することも難しいでしょう。ピンポイントで成分補給出来ることがサプリメントのメリットです。

モズクの成分

サプリメントいろいろなサプリメントに関心を持っている人たちがいますが、フコイダンというサプリメントのことを知っているでしょうか。今、フコイダンというサプリメントがにわかにブームになりつつあると言います。いろいろなサプリメントに関心を持つもののどれも全部摂取というのはなかなか出来ないことです。ですから大事なのは、そのサプリメントの成分を正しく理解して一番自分にマッチしているサプリメントを選択することです。ただブームがそこに存在しているもののあなたにそのサプリメントが一番マッチしているとは限らないのです。

なぜ、これ程までにフコイダンが話題になっているのかといえば、フコイダンはガンの予防にも効果的と言われているからです。実際に最近では医療の現場にでもがん治療にフコイダン療法を取り入れている医師がいる程なのです。実際にガン治療には、より強い効果を期待出来る治療の方法があるはずです。しかしそのような治療法を取り入れるということは同時に副作用も受け入れるということです。

医薬品というものは効果と副作用がコインの裏表のような関係なのです。しかしフコイダンに注目をすればフコイダンは、モズクにも含まれているような健康食品なので、医薬品ほど強い効果は期待出来ないのかもしれませんが、副作用のことも一切心配する必要はありません。

そのガン治療は長くしなければならないものかもしれません。そのとき、フコイダン療法の選択もありではないでしょうか。