Skip to content

フコイダンの分子

フコイダンフコイダンは海藻が自分の身を守るためにそのヌルヌル成分が非常に大事と言われています。そして更にモズクの場合では海の浅いところに生息していることによって尚更太陽の光を浴びやすいゆえ、乾燥や潮の流れから身を守らなければならないためよけいヌルヌル成分を保有しているということです。

特にモズクに注目していただければ、めかぶやわかめなどほかの海藻と比較してもヌルヌル成分は5倍ほど多く期待することが出来ます。更にフコイダンの商品をいろいろチェックすれば、「高分子」「低分子」「両分子」という言葉を頻繁に見かけることになります。フコイダンはもともと分子サイズは高分子です。ただし100,000~200,000ほどの高分子では、なかなか身体には吸収しにくいとも言われています。 高分子が一見いいと考えてしまいがちですが、人間が吸収できるサイズは3,000~4,000あたりと言われていますので、このあたりもフコイダンサプリメントの選択のポイントにはなりそうですね。

低分子フコイダンがいいということになるものの、そちらにも小さい分子によってフコイダンの成分を壊してしまっているかもという配慮も必要なのです。両分子フコイダンというものは、両方のメリットを持っているものですが、同時に両方のデメリットもあり、つまりそれぞれに対してメリット・デメリットは存在しているようです。現在そのデメリットを補うために登場したのがナノ技術のフコイダンとも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です